【第19回】YKKAP製戸締り安心システム[ミモット]のその後

04月24日

YKKAP製戸締り安心システム[ミモット]の発売が遅れていることを2月1日に記載しましたが、はれて3月に発売になりました。

結論から言うと、今回はすぐにテストするのをやめました。
何故なら、YKKAP以外の引き違いサッシ用のクレセントセンサーが同時発売されないためです。

テストで使用する我が家には、トーヨーサッシ製のアルミサッシが取付けられており、YKKAP製サッシ用クレセントセンサーは取り付け出来ません。

YKKAP製以外用のクレセントセンサーは現在開発中とのことで、こちらを待つことにします。

これではちょっとつまらない更新になってしまうので、改めて[ミモット]で過去に書いていないことについて記載します。

カタログの表紙です。
前にもらったものと変わりないように見えますが、商品コード等が掲載されてページ数は増えています。

実際に商品が手配できる商品コード入りのページです。

必ず必要になる写真左の受信器は、ウェブで発注するようになり、当社のような代理店経由ではありません。
クレセントセンサーは、通常の流通経由で商品が流れます。
受信機の設定がうまく出来なかったら、メーカーさんのサポートにお願いする形になります。

このイノベーションラボで記載したように、IoTの建材はこれまでの建材とは違った知識が必要となるため、受信機はメーカー直販で、設定方法はメーカーさんに聞く(依頼する)というスタイルは、ある意味正解なのかもしれませんね。