【第6回】玄関ドアの遠隔操作やってみました!

12月05日

こんにちは!

イノベーションラボ所長の内川です。
今回は、玄関ドアの遠隔操作を使用してみての感想を書きます。
外出先から玄関ドアの遠隔操作が出来るようになったわけですが、考えてみたら、インターホンが鳴るたびに私のiPhoneに通知が来ることになります。

これって、わずらわしくない???

設定後、こんなことを考えていました。
そもそも我が家のインターホンは一日何回鳴るんだろう???←私も家内もAmazon大好きなので、毎日のように宅配便が届きます。
こんな心配をしていましたが、結論は、

「慣れれば全然問題なし」

です。
慣れってすごいですね。

こんな感じで、インターホンが鳴った通知が届きます。
私は通常、iPhoneの着信音が鳴らないようにしているので、インターホンが押されると、iPhoneのバイブレーターが作動してそれを知らせてくれます。

続いてドアの解錠の遠隔操作を行なってみました。
前回紹介したように、ドアの解錠はインターホンが鳴った時でないとできません。

子供がカギを忘れるまで試すことが出来ないのは良くないので、今回、テストでiPhoneで解錠してみました。

①ドアホンが鳴り、iPhoneに通知が届く
②ドアホンコネクトアプリでドアホンをタップ
③電気錠1をタップ
④パスワード入力

このような手順で解錠するわけですが、実はパスワード入力中に2回連続で画面が閉じてしまい、3回目でようやく解錠に成功しました。
これはたまたまなのか、それともアプリの性能がイマイチなのかは、今の時点では判断できません。
近日中に再度環境を変えて、テストしてみます。