【第12回】スマート宅配ポストは使えるようになったが・・・

03月01日

前回の更新では、遠隔操作以外の使ってみての記事が先になりそうと書きましたが、試行錯誤の結果、スマート宅配ポストは使えるようになったったので、これまでの試行錯誤を記載します。

結論から先に書くと、スマート宅配ポストの設置と同時期にひかり回線をauひかりからドコモ光に乗り換えていたのですが、これが関係していました。

私は記憶がないのですが、プロバイダ(20年位ニフティを使用しています)の都合でドコモ光を申し込んだ際、同時にv6プラス(auひかりはおそらくIPv4)の申し込みがされていて、v6プラスを解約してIPv4にしたら、スマート宅配ポストが使えるようになりました。
v6だと、UPnPが正常に機能しないことがあるそうで、スマート宅配ポストは、UPnP機能が有効であることが使用条件となっています。

結論だけ書くとこんな感じなのですが、ここまでの道のりは大変でした。
以下は、その大変な道のりです・・・

スマート宅配ポストの設置をして、ホームシステムのアプリを入れたら、パナソニック製の外でもドアホンのアプリ「ドアホンコネクト」が使えなくなったので、まずは、LIXILさんにこのことを話して、見てもらうことにしました。

↑LIXILの社員の方々

商品開発2名、商品推進1名、当社窓口1名、総勢4名と言う大人数で来ていただき、恐縮です。
あれこれ2時間ほど調べてもらい、ドコモ光のゲートウェイのUPnP機能が有効になっていない疑いが出てきました。

故障なのか仕様なのか、設定上の問題なのかわからないので、ドコモ光の問い合わせ窓口に電話してみました。
状況を伝え、考えられる可能性をあれこれ話をした結果、ドコモ光がIPv4ではなく、V6プラスになっていて、これが原因ではないかと言うことになりました。

光回線の内容については、使用しているプロバイダに聞くことになると言われました。
プロバイダは約20年ニフティを使用していて、ドコモ光にする前(auひかり)も、プロバイダはニフティです。

と言うことで、ニフティに連絡したわけです。
ドコモ光を契約する際に気がつかなかったのですが、同時にv6プラスを契約することになっていて、v6は、UPnP機能が正常に機能しない可能性があると言われました。
どうしたら良いか尋ねると、v6を解約してIPv4にすれば良いと言われたので、v6を解約することにしました。

解約手続きが完了するのが2月25日で、2月25日の昼頃にスマート宅配ポストの遠隔操作をしてみたところ、無事に作動しました!

しかし、残念ながらパナソニック製外でもドアホンのドアホンアプリは、外出先で4G回線だと、使用出来ません。


今度は、パナソニックに現在の状況を細かく説明して、確認してもらうことにしました。
次回は、パナソニックさんから連絡が来て、解決してればよいなと思います。